プロ解説!マッサージガン プラチナボディトリガーの効果的な使い方とは?

パーソナルトレーナーが解説。マッサージガン・プラチナボディトリガーの肩・腰・足への効果的な使い方・ポイント。

2021年4月19日放送のノンストップで、マッサージガン「プラチナボディトリガー」が初登場しました。

番組では、トップアスリートやモデルのボディケアを行っている、パーソナルトレーナーの知念穣さんが「プラチナボディトリガーの効果的な使い方」について解説してくれましたので、詳しい内容・ポイントをまとめました。

パーソナルトレーナーの知念穣さん
出典:ノンストップより。

※ちなみにプラチナボディトリガーの詳しい特徴(性能・口コミ)や、類似品との比較についてはこの記事を参考にして下さい↓

肩ケアの効果的な使い方・ポイント

プロのパーソナルトレーナーが教えてくれた、肩ケアの効果的な使い方です。

ワキに使う

肩ケアのポイント→ワキに使う。
出典:ノンストップより。

知念さんよると、

「座り仕事をしていると、どうしても前屈みになる。そうなると肩が前に出る。そして胸の筋肉が肩の筋肉を引っ張って肩まわりが硬くなってしまう。」

と話していました。

そうならないための対策として、プラチナボディトリガーをワキに使うのが効果的なんだそうです。

ケアのやり方:U字型アタッチメントをワキに挟むようにあてる

肩こりに効果的な使い方。
U字型アタッチメントに変えて、ワキを挟むように当てる。
出典:ノンストップより。

やり方は、プラチナボディトリガーにU字型アタッチメントを装着して、ワキの筋肉を挟むように当てるだけでOK。

知念さんによると、手でやるだけだと痛かったり、大ざっぱになってしまってなかなか難しいが、マッサージガンを使えば細かな振動で奥の筋肉まで緩ませながら気持ちよく刺激を与えることができるそうです。

実は知念さんのジムでもプラチナボディトリガーを使ってワキのケアを行っているそうです。

肩ケアのポイント
U字型アタッチメントでワキの筋肉を緩める。

腰ケアの効果的な使い方・ポイント

プロのパーソナルトレーナーが教えてくれた、腰ケアの効果的な使い方です。

骨盤周りの筋肉を緩める

腰ケアのポイント→骨盤周りに使う。
出典:ノンストップより。

知念さんによると、腰が辛いという方は、骨盤周りの筋肉が固まっていることが多いそうです。

そうすると腰が丸くなってしまって、それに負担がかかってしまいます。

なので、腰のケアで大事なのは「骨盤周りの筋肉を緩めること」なんだそうです。

骨盤周りの筋肉を緩めることで、骨盤が立ち、自然と姿勢も良くなって腰の負担も減ります。

骨盤周りの筋肉を緩めることで骨盤が立ちやすくなる。
出典:ノンストップより。
腰ケアのポイント
骨盤周りの筋肉を緩める。

足・ふくらはぎの効果的な使い方

カーブ型アタッチメントでケアする。
出典:ノンストップより。

足・ふくらはぎには、カーブ型アタッチメントをつけてケアします。

横に広いアタッチメントなので、足の広範囲に刺激を与えながら効率的にケア&リフレッシュできます。

知念さんは、

「脚全体にできるので、かなりリフレッシュすることができる。」

と話していました。

足ケアのポイント
足(ふくらはぎ)は、カーブ型アタッチメントで広範囲に刺激を与えて使う。

まとめ

改めて、パーソナルトレーナー・知念穣さんが解説していた効果的な使い方のポイントをまとめると以下になります。

  • 肩ケア→ワキの筋肉を緩める。
  • 腰ケア→骨盤周りの筋肉を緩める。
  • 足ケア→カーブ型アタッチメントを使う。

単に肩や腰に直接マッサージガンを当てるよりも、こういったポイントに注意して使うとより効果が得られることがわかりました。

というわけで、2021年4月19日放送のノンストップでプロトレーナーが解説していた、プラチナボディトリガーの効果的な使い方でした。

それでは!

※プラチナボディトリガーの詳しい特徴・性能・口コミ比較はコチラ↓