【保阪尚希監修】フットエナジーの口コミ・EMS効果・類似品と比較

2021年10月11日

フットエナジーの口コミ・類似品との比較調査
保阪尚希監修 フットエナジーの口コミやEMS効果の評判を調査。さらに類似品・シックスパッド フットフィットの違いを徹底比較。

TBS・キニナルマーケットや、日テレ・バゲットで「保阪尚希監修 フットエナジー」が紹介されていました。

フットエナジーとは、1日10分間、足を乗せるだけでEMS刺激により脚力のトレーニングができるフットケア商品です。

バゲットのくわばたりえ
バゲットではくわばたりえさんと遼河はるひさんが体験。
「レベル1でもしっかり電流が来てる。脚全体が揺れてる。」と、使った感想を話していました。
保阪尚希監修の足裏EMSマシン「フットエナジー」の特徴紹介動画。
使い方は1回10分、足を乗せるだけ。
本体サイズ:幅33×奥行30×高さ2cm
重量:約1.4kg

そんなテレビでも話題の「フットエナジー」ですが、購入前の気になることとして、

  • 「ネットのリアルな評判・口コミ(微妙な点)は?」
  • 「類似品と比べてEMSの効果(強さ)はどんな感じ?」

こういった、イマイチ分かりにくい疑問があると思います。

このブログ記事では、そういった部分にフォーカスして、フットエナジーの口コミで多かった低評価の声をまとめました。

(※Amazon・楽天・ヤフーショッピングの最新口コミ171件を調査。)

さらに、EMSで足裏を鍛える類似品「シックスパッド フットフィット」との違いについても比較しています。

フットエナジーと類似品のフットフィット
類似品の足裏EMSマシン、フットフィットとの違いもまとめました。

より詳しく「フットエナジー」の口コミ(良い悪い点)・効果・性能が知りたい方は、参考にして頂けると幸いです。

※【参考】フットエナジーの商品詳細↓

●セット内容/本体、EMSコントローラー、リモコン(テスト用電池付属:CR2025×1個)、充電用USBケーブル(microUSB typeB)、充電用ACアダブター、取扱説明書(保証書付き)
●サイズ(約)/本体:330×20×300mm EMSコントローラー:43×25×120mm
●重さ(約)/1.4kg
●耐荷重(約)/100kg(スタンド展開時は50kg)
●材質/ABS樹脂
●電源/リチウムイオン電池
●充電時間(約)/5時間
●連続使用可能時間(約)/最大4時間
●保証期間/1年
●製造/中国

フットエナジーの製品仕様について

【大手口コミ171件】フットエナジーのリアルな評判&星評価

Amazon、楽天、ヤフーショッピングのフットエナジーのリアルな最新口コミ&星評価を調べました。

※Amazonでは口コミ40件、星評価3.50点でした↓

※楽天では口コミ50件、星評価3.48点でした↓

※ヤフーショッピングでは口コミ81件、星評価3.56点でした↓

※あくまで調査時点での口コミと星評価です。最新情報はリンク先からご確認ください。

口コミは全て合わせて171件あり、星評価の平均は3.51点でした。

それではこの口コミの中から良い点・悪い点を包み隠さずまとめました。

主な低評価口コミ「足裏が乾燥しているとEMS刺激が弱い・感じにくい」

足裏
足裏が乾燥している時のEMS刺激が弱い。
  • 足裏が乾燥していると刺激が伝わりにくい。
  • 乾燥してなくてもビリビリが弱く感じる。(かなり個人差がある)
  • 私はかなり濡らさないとダメでした。
  • 購入後3ヶ月でビリビリが感じなくなりました。
  • 5ヶ月使用で通電が弱くなった。
  • 購入後1週間で使う時に足の裏を濡れたタオルで湿らせないと機能しない様になりました。
  • 足がしっとりしていた方がより感じるようです。ちょこっと濡らすとかよりもお風呂上がりのほうが効きます。
  • 肌が乾燥していると電気の流れが悪いようなので、始める前に少し水で濡らしてからやると、太股の方まで電気が流れるのを感じます。

こういった、EMSの刺激の弱さに関する低評価口コミが圧倒的に多かったです。

特に、「足裏をしっかり湿らせないと効果が減少する」「しばらく使ったらビリビリを感じにくくなった」という声が多い印象です。

ただ一方で「しっかり刺激を感じる」「電気が弱いとあるが全くそんなことない」といった声もあり、人によってかなり感じ方が変わる印象です。

刺激を感じにくい人は、説明書にも書いてありますが「足を少し濡らした状態」のほうがEMSのビリビリ感は強まります。

なので、お風呂上がりに使う、ジェルやローションを塗る、ウェットティッシュや濡れたキッチンペーパーを挟んで使うなど、事前に対策を行う必要があります。

足裏EMSの類似品、シックスパッド フットフィットの口コミと比較してみると、こちらのほうがEMSの刺激の弱さについては気になりますね。

ポイント
EMS刺激の弱さについて、低評価口コミが多いです。(特に足裏乾燥時)
対策として、お風呂上がりに使う、ジェルやローションを塗る、濡らしたタオルで足裏を拭く、ウェットティッシュ、濡らしたキッチンペーパーを挟んで使うなどの方法があります。
とはいえ、このような対策を行ってもEMS刺激が弱い場合は、初期不良の可能性もありますので、早めに購入元へ問い合わせることをオススメします。

【類似品】シックスパッド フットフィットのEMS刺激との口コミ比較

フットフィット
フットフィットのEMS刺激の評判について。

一方で、類似品のシックスパッド フットフィットは値段は高いですが、「EMS刺激の強さ」については、かなり口コミでも評価されています。

人気ユーチューバー「ワタナベカズマサ」さんが、シックスパッド フットフィットのEMSの強さについて実際にレビューしています。
「レベル20まであって、最初の数日はレベル10でも筋肉痛になるくらい強い」と仰っていました。

人気の配信者ワタナベカズマサさんのレビューによると、

  • 「強さレベルは20段階の10レベルでも強い。慣れてくると12~13でも使えるようになる。」
  • 「筋肉痛になるくらい、これは足に効いてるなと、使ってて間違いなく分かる。」
  • 「20レベルはかなり足を鍛えないと使えないと思う。」

などと、シックスパッド フットフィットのEMS刺激の強さについて話していました。

他のYouTubeレビューでも、シックスパッド フットフィットのEMS刺激が強いとレビューしている動画が多数あります。

「フットフィットのパワーを甘くみてました」「翌日にはちゃんと筋肉痛がでます」などとレビューされています。

EMS強さの評判を比べると、フットエナジーよりは明らかに評価されている印象です。

ポイント
EMS刺激の強さは、シックスパッド フットフィットのほうが評判が良い。

その他、リモコンや本体充電について気になる口コミ

フットエナジーの操作感
フットエナジーの操作感、使用感についての微妙な?口コミ。
  • 電源を入れる時、リモコンが使えない
  • リモコンにONのスイッチが無く 最初は本体のスイッチを使用するのが面倒です
  • リモコンが反応しないときがある。(※故障の可能性アリ)
  • 充電のタイミング表示があると助かるなと思った。

こういったリモコン操作や本体充電について、気になる口コミが少しありました。

電源を入れる時は、リモコンではなく、上画像の電源ボタンを長押しする必要があります。

「たまにリモコンが反応しない時がある」という口コミもありますが、故障の可能性も考えられるので保証期間中に早めに問い合わせたほうが良いです。

本体充電については、「残量が目で見て分かればよかった」という口コミもありました。

ポイント
リモコンで電源スイッチオンは出来ないので注意。
また、リモコンが反応しない時は故障の可能性もあるので、早めのお問い合わせを。

【比較表】フットエナジーとシックスパッド フットフィットの違い

フットエナジーとフットフィットの違い比較
EMSで足裏を鍛える類似品とも言える。フットエナジーとシックスパッドフットフィットの性能や違いを比較。

類似品と言える「フットエナジー」と「シックスパッド フットフィット」の性能や違いについて比較しました。

※サイズや重さ、性能などの違いを表で比べると以下になります↓

商品名フットエナジー
シックスパッド
フットフィット
サイズ
cm
幅33
奥行30
高さ2
幅33
奥行33
高さ8
重さ約1.4kg約1.3kg
充電と
使用時間
5時間充電で
4時間使用可能
アルカリ
単3電池4本で
60回使用可能
EMS
レベル
1~10段階1~20段階
モード3モード
低周波
中周波
ミックス
1モード
自動プログラム
1日の
使用目安
1回10分
最長30分
1セット23分
効果部位足裏から
太ももまで
足裏
前スネ
ふくらはぎ
耐荷重100kgまで
スタンド有りは
50kgまで
120kgまで
販売価格
※税込
※変動有
18,980円
※特別価格
40,480円
※通常価格

サイズ

サイズの比較
サイズの違いの比較。
  • フットエナジー:幅33×奥行30×高さ2cm
  • フットフィット: 幅33×奥行33×高さ8cm

サイズに関しては、フットエナジーのほうが厚さがなく、コンパクトと言えます。

重量

  • フットエナジー:約1.4kg(EMSコントローラーを含む)
  • フットフィット:約1.3kg

重さに関しては、ほぼ同じくらいです。

最大使用時間(充電方法)

本体充電について
フットエナジーは、電源部分(バッテリー)に充電して使う。
  • フットエナジー:5時間の充電で約4時間連続使用可能。
  • フットフィット:単3アルカリ電池4本使用で約60回使用可能。

最大使用時間に関して、フットエナジーは満充電で約4時間連続使用ができます。

充電方法はバッテリー充電方式で、電池を使わず経済的です。

一方でシックスパッドフットフィットは、単3アルカリ電池4本を使うため、少しコストがかかります。

ただ、1回の交換で約2ヶ月使えるため、頻繁に交換する必要はありません。

フットフィットは電池が必要
シックスパッドフットフィットは単3アルカリ電池4本を使用。レベル8で約2ヶ月間使える。

EMS強度レベル

  • フットエナジー:1~10(10段階調節可能)
  • フットフィット:1~20(20段階調節可能)

EMSの強度については、「シックスパッドフットフィット」のほうがレベルの最大値が大きく、より細かい調節が可能です。

1日の使用目安とモード数

  • フットエナジー:1回10分。最長30分
  • フットフィット:1回23分(1セット)

1回の使用時間については、フットエナジーは1回10分で最長30分となっています。

また、3つのモード(低周波+中周波を同時にできるミックスモード、低周波のみ、中周波のみ)があり、好みによって変えられます。

フットエナジーのEMSモード
フットエナジーのEMSモード。

シックスパッドフットフィットは、自動で効率的なプログラムが組まれていて、スタートしたら23分間で勝手にやってくれます。

フットフィットのオートプログラム
フットフィットは23分のオートプログラム。

鍛えられる箇所

フットエナジーとフットフィットの効果部位
フットエナジーとシックスパッドフットフィットの鍛えられる筋肉について。
  • フットエナジー:足裏から太ももまで、歩くための筋肉を鍛える
  • フットフィット:足裏、前すね、ふくらはぎの筋肉にアプローチ

鍛えられる箇所については、フットエナジーは足裏から太ももまで鍛えられるとのこと。

シックスパッドフットフィットは、足裏・ふくらはぎ・前すねの歩行を支える筋肉に効率的にアプローチします。

フットフィットの解説によると、女性の80%、男性の60%は足指を使わずに歩いているといわれています。
専門家によると 足の裏・指全体をついて歩くことが大事とのこと。
足裏の筋肉がふくらはぎ、太もも、腰、背中(体幹)の筋肉まで 全部つながっています。

価格について

価格比較
価格(最安値)の比較。
  • フットエナジー:18,980円(税込)※特別価格
  • フットフィット:40,480円 (税込)

価格については、フットエナジーのほうがフットフィットと比べて半額以上安いです。

※2021年10月11日時点、フットエナジーの大手サイト最安値比較です↓

最安値※税込pt還元
TBS直販18,980円
送料無料
なし
アマゾン
TBS店
20,785円
送料無料
2%~
アマゾンカード
楽天
TBS店
18,980円
送料無料
1-10倍
時期による
ヤフー
TBS店
18,980円
送料無料
1%~
Tポイント
ペイペイ

とにかく、価格の安さを重視するならフットエナジーはオススメと言えます。

特に楽天とヤフーショッピングのTBS店経由なら、最安値&ポイント還元も付いてくるので、ダブルでオトクに買えます。

ただ、現在はフットフィットも最新モデル(フットフィット2)が出て、従来モデルの価格が下がっています。※

※(関連)フットフィットとフットフィット2の比較記事はコチラ↓

【評判&類似品比較】フットエナジーの口コミ・EMS効果まとめ

フットエナジーとフットフィットの違いまとめ
フットエナジーとフットフィットの違いまとめ。

改めて、保阪尚希監修 フットエナジーの口コミと、類似品の「シックスパッドフットフィット」を比較した結果をまとめると以下になります。

フットエナジーで多かった低評価口コミ↓

  • 足が乾燥していると刺激が伝わりにくい。
  • 乾燥してなくてもビリビリが弱く感じる。
  • 人によってはかなり足裏を濡らさないと効きにくい場合も。
  • 耐久性が気になる。(しばらく使うと通電が弱くなった等)
  • リモコンで電源オンはできない。
  • リモコンが反応しないときがある。(故障の可能性もアリ)

フットエナジーとフットフィットの主な違い比較まとめ↓

フットエナジーフットフィット
サイズ幅33
奥行30
高さ2
幅33
奥行33
高さ8
充電×
単三電池4本
EMSレベル10段階20段階
モード数3種類1種類
使用時間1回10分
最長30分
1セット23分
効果部位足裏~太もも足裏
前スネ
ふくらはぎ
最安値比較
※調査時点
18,980円
送料無料
楽天
37,000円前後
※出品者から
送料無料
Amazon

こんな感じになりました。

口コミから、フットエナジーは「足裏乾燥時のEMS刺激の弱さ」「長期間使った時の耐久性」が少し気になる所。

しっかりEMS刺激を強めたいなら、事前に足裏を濡らすことが重要になってきます。

とはいえ、フットエナジーの「コンパクトさ」「充電方式」「価格の安さ」に関しては、フットフィットよりも魅力的に感じる商品です。

どちらを選ぶかは、人それぞれの使用目的、お財布事情によって変わると思います。

というわけで、保阪尚希監修 フットエナジーの口コミや効果、類似品(シックスパッド フットフィット)との比較結果のまとめでした。

少しでも購入の参考になったら幸いです。

それでは!

※【特別価格&楽天P還元アリ】TBS公式店 フットエナジー↓