3Dサーキュレーター デュアルウインドと扇風機の違いとは?口コミ・最安値まとめ

2021年7月12日

3Dサーキュレーター デュアルウインドと扇風機の違い・最新口コミ・最安値まとめ。

2021年6月25日放送のノンストップで「3Dサーキュレーター デュアルウインド」が紹介されていました。

これ1台でサーキュレーター、扇風機、衣類乾燥、ヒーターの4つの機能が搭載しているので年中使える。
風量について、これだけ離れた位置からでも風が届いていました。
出典:ノンストップより。

このブログでは、そんな3Dサーキュレーター デュアルウインドと扇風機の違いについて詳しく比較し、さらに最新口コミ・星評価と、大手ショップの最安値もまとめました。

扇風機とサーキュレーターの違いが気になる方や、どっちを買おうか迷っている方は一つの参考にして頂けると幸いです。

※(参考)3Dサーキュレーター デュアルウインドの商品詳細↓

●色=ホワイト系
●サイズ=約幅23.5奥行き25.5高さ34cm・重量約3.1kg
●素材=ABS樹脂
●消費電力=送風モード時:45W・温風モード時:1,200W
●風量:3段階切り替え(強・中・弱)※温風モード使用時は1段階
●オフタイマー:1・2・4時間
●自動オフ機能:8時間※温風モード使用時のみ
●首振り角度:左右(自動60°)、上下(手動:0°・20°・40°・60°で固定、自動:手動の固定位置から30~40°の範囲で可動)
●安全装置:温度ヒューズ、温度過昇防止器、転倒時自動オフスイッチ
●コード長さ約1.5m
●リモコン付き
●型番:HC-T1906
●中国製

3Dサーキュレーター デュアルウインド AR1894の製品仕様について

【比較】3Dサーキュレーター デュアルウインドと扇風機の違い

3Dサーキュレーター デュアルウインドと、一般的な扇風機との主な違いについて比較しました。

3Dサーキュレーター デュアルウインド
3Dサーキュレーター
デュアルウインド
扇風機
一般的な扇風機
サイズコンパクト場所を取る
風の方向トルネード状
直進的な風
広く拡散する風
首振り上下左右左右
衣類乾燥
温風で素早く乾かす
ヒーター
スポット暖房が可能
×
消費電力送風モード時
45W
温風モード時
1,200W
風量・強
約10~35W(50Hz)
※ACモーター
電気代
※1時間
送風モード時
約1.22円※
温風モード時
約32.4円※
約0.945円

※メーカー調べ。

サーキュレーター機能について

サーキュレーターとは部屋の空気を循環させること。
  • サーキュレーターとは、部屋の空気を循環させて、部屋全体の空気・温度を均一にする機能のこと。
  • 特に広い部屋では節電にも繋がります。

扇風機との風の違いについて

扇風機とデュアルウィンドの風の比較。
  • 扇風機:風が散らばる。
  • デュアルウィンド:風が真っ直ぐに届く。

デュアルウィンドのガード(網)の構造

3Dサーキュレーター デュアルウインドはガードが渦巻状になっているので風が真っ直ぐに届く。
  • 一般的な扇風機は、網を真っ直ぐにして風を外に広がるようにします。
  • デュアルウィンドは、網を渦巻状にすることで、強い風を直進的に送り出します。

3D首振り機能とは?

パワフルな風+上下左右の3D首振りでより効率よく換気ができる。
  • デュアルウィンドは、3D首振り機能を搭載。
  • 上下左右の隅々まで風を循環させることができます。
ポイント
サーキュレーターとは、部屋の空気を循環させて、部屋全体の空気・温度を均一にする機能で、特に広い部屋では節電にも繋がります。
デュアルウインドは、ガード(網)が「渦巻状」になっているので、扇風機と違って風が散らばらずに真っ直ぐに届きます。
さらに、3D首振りで「上下左右」の方向に風を送れるのも特徴。
これにより、部屋の空気をしっかり循環させたり、空気を部屋の外に押し出して効率的に換気ができます。

扇風機としても使える

風の強さを弱にすると扇風機としても使える。
  • 風の強さを弱にすることで、扇風機としても使える。
  • デュアルウィンドがあれば、扇風機と2台持ちする必要がなくなる。
  • コンパクトなので、テーブルの上に置いたり、様々な場所で使える。
ポイント
風の強さを弱にすることで、さわやかな風になり、扇風機としても使うことが出来ます。
これにより、扇風機と2台持ちする必要がなくなります。
さらにコンパクトで場所を取らないので、デスクの上に置いたり、脱衣所などに置いても快適に使えます。

衣類乾燥モードで洗濯物も乾かせる

自然乾燥とデュアルウィンドで洗濯物が乾く時間の比較実験。
  • 衣類乾燥モードにすれば、温風で洗濯物を素早く乾かせる。
  • 自然乾燥と比べて、約5時間半も早く乾いたという実験データもある。
ポイント
衣類乾燥モードを使うと温風で洗濯物を素早く乾かすことができる。(約2時間)

ヒーターとしても使える

ヒーター機能搭載。
  • デュアルウィンドはヒーター機能を搭載しているため、寒い時期にも活躍します。
  • キッチンなど足元が冷える場所に置いても効果的です。
ポイント
ヒーター機能があり、1年中使うことができる。

【口コミ34件】3Dサーキュレーター デュアルウインドのリアルな評判

3Dサーキュレーター デュアルウインドの口コミ

3Dサーキュレーター デュアルウインドのネットにあるリアルな最新口コミを調査しました。

※ディノスでは口コミ27件、星評価4.00点でした↓

※楽天では口コミ2件、星評価は有効な件数に達していません↓

※ヤフーショッピングでは口コミ5件、星評価4.40点でした↓

※あくまで調査時点での口コミ数と評価です。Amazonでは口コミはありませんでした。最新情報はリンク先からご確認ください。

それではこの口コミの中から、多かった声、気になる声(メリット・デメリット)をまとめました。

高評価の声・メリット

サーキュレーターについて

  • 20畳のリビングで使用。空気の循環が良く大変満足している。
  • エアコンの冷えの偏りを感じなくなった。
  • 縦横振りはとてもいいです。
  • 首が左右上下と動きが静かです。

風量について

  • 風当たりが良い。
  • 風量が弱でも十分なくらい。
  • 風が強く冷風に感じます。

サイズやデザイン、使用感について

  • 使いやすくコンパクト。
  • 持ち運びが楽。
  • 色が気に入っている。どの部屋に置いても合う。(オシャレなど)
  • 風量やタイマー選択もあり満足している。

衣類乾燥について

  • 衣類乾燥用に温風が出せるのは良い。
  • 洗濯が多いときは助かる。
  • 洗濯物が乾くのがとても早くなった。
  • バスタオルでも2時間で乾く。
  • 除湿機と併用すると綺麗に乾いてとても気に入っています。

ヒーターについて

  • 肌寒いときにも温風が出て助かる。

その他、全般について

  • 色々な機能が無駄なく付いている。
  • 性能、大きさともに満足。
  • 涼しくて快適。無い生活は考えられないくらい。
  • 1年中活躍してくれそうで、しまう手間もいらない。
  • コスパが良い。

低評価の声・デメリット

  • 風量が強のとき、音がうるさい。
  • 風の強さが弱い。
  • プロペラのカバーなど取り外しが出来ない。(カバー等の掃除は風で吹き飛ばして行う。)
  • 全周に回転するのではないのが残念。
  • 電源コードが短い。
ポイント
動作音、風量、掃除のしにくさ、首振りの範囲について気になる口コミがあります。
一方で、サーキュレーターとしての機能、コンパクトさ、使いやすさ、洗濯物の乾きの早さなどはしっかり評価されている印象です。

【楽天・ヤフー】3Dサーキュレーター デュアルウインドの最安値比較

3Dサーキュレーター デュアルウインドAR1894の最安値を調査。

3Dサーキュレーター デュアルウインドの大手サイトの最安値を比較調査しました。

最安値※税込pt還元
ディノス11,900円
送料590円
なし
アマゾン販売なし
楽天11,900円
送料590円
1~10倍以上
時期による
ヤフー11,900円
送料590円
Tポイント
ペイペイ
ポイント
ディノスで直接買うよりも、楽天かヤフーのディノス公式店経由で買うと、最安値な上にポイントも還元されるので非常にお得です。

まとめ

3Dサーキュレーター デュアルウインド AR1894

最後までご覧いただきありがとうございました。

3Dサーキュレーター デュアルウインドは、1台4役という高性能のサーキュレーターで、特に衣類乾燥モードとコンパクトさが高く評価されていました。

年中使えるのはもちろん、ジメジメした時の洗濯物を乾かす時にかなり活躍してくれそうな商品と言えます。

少しでも購入の参考になったら幸いです。

それでは!