SIXPAD FootFit2の違いは何?性能・口コミ・最安値を比較して判明した事まとめ

2022年1月22日

フットフィットの旧モデルと最新モデルの比較・違い
シックスパッド フットフィットの旧モデルと最新モデルの違いの比較や、実際に2台とも体験した私の感想やネットの口コミまとめです。

このブログでは、旧モデル「SIXPAD FootFit」と、最新モデル「FootFit2」の性能・口コミ(良い・悪い点・実際体験した私の感想も含む)・最安値を比較して判明した事をまとめました。

フットフィットとは、左右の足を乗せると足裏からEMSが通電し、歩行を支える筋肉を効率的に鍛えることができる「SIXPAD」シリーズの人気商品です。

左がフットフィット
右がフットフィット2
左がシックスパッド フットフィット。
右がシックスパッド フットフィット2。

そんなフットフィットですが、旧モデルから最新モデル「フットフィット2」になって主に以下の点が変わりました。

フットフィットとフットフィット2の変更点
フットフィットとフットフィット2の変更点
  • 電池の持ちが良くなった。
  • EMSの強さレベルが増えた。
  • モード数(プログラム)が増えた。
  • リモコンが使えるようになった。
  • 一時停止が出来るようになった。
  • 残り時間が表示されるようになった。
  • アプリ非対応になった。
  • 価格が少し上がった。

こういった点(違い)について、実際に使ってみた私の感想も含めて詳しく解説していきます。

どちらを買おうか迷っている方、フットフィットの違いがよく分からない方は参考にして頂けると幸いです。

【SIXPADフットフィット】旧モデルと最新モデルの違いを比較

フットフィットの新旧モデル
フットフィットの新旧モデルを徹底比較。
旧モデル
フットフィット

旧モデル
最新モデル
フットフィット2

最新モデル
モニター
品番SP-FF2310F
IF-FF2310F
SP-FF2310FA
発売日2018/10/252021/4/29
サイズ
cm
約33×33×8約33×33×11
重量約1,270g約1,280g
充電アルカリ
単3電池4本
アルカリ
単3電池4本
満充電
使用回数
約60回程度トレーニング
レベル25
約80回
ウォーキング
レベル20
約100回
EMS
レベル
1~20段階1~25段階
モード数
使用時間
1モード
1回23分
2モード
トレーニング
1回20分
ウォーキング
1回23分
リモコン×
コイン電池1枚
CR2025
一時停止×
傾斜ロッキング構造ロッキング構造
効果部位足裏
前スネ
ふくらはぎ
足裏
前スネ
ふくらはぎ
アプリ対応
公式アプリ
×
製造国中国中国
税込定価40,480円42,000円
アマゾン
口コミ
1,368件
★4.20点
最新情報
135件
★4.30点
最新情報
楽天
口コミ
1,059件
★4.39点
最新情報
25件
★4.64点
最新情報
ヤフー
口コミ
1,241件
★4.50点
最新情報
37件
★4.76点
最新情報

※最新情報はリンク先からご確認下さい。

サイズ・重量

フットフィット(従来モデル)
フットフィット(従来モデル)
チャイルドロックオンオフスイッチ
フットフィット(従来モデル)のチャイルドロックのオンオフスイッチ。
フットフィット2
フットフィット2
正面の見た目(サイズ感)はほとんど同じで、液晶の表示方法が変わったぐらいしか違いがありません。
チャイルドロックのオンオフスイッチ
フットフィット2のチャイルドロックのオンオフスイッチ。
オレンジ色になって分かりやすくなっています。

サイズ・重量はフットフィット2がほんの僅かに大きくなっていますが、そこまで違いはなくほぼ誤差範囲です。

2にも持ち手があるので楽に持ち運びできます。

ポイント
サイズ・重量に大きな違いはありません。

最大使用回数

最大使用回数が増えた
新品電池の最大使用回数。
公式サイトより。

フットフィット2になって、新品単3アルカリ電池の最大使用回数が60→100回(最大)まで増えています。

電池持ちが良くなったので交換の手間が減ったのは地味ですが嬉しいポイントと言えます。

ポイント
フットフィット2は電池持ちが良くなっています。

EMS強さレベル

最大レベルが25に増えた
シックスパッド フットフィット2の最大レベル。

フットフィット2になって、EMSレベルが20→25まで増えています。

これにより、さらに細かな強度調節が可能になりました。

ポイント
フットフィット2はEMSレベル数が増えた。

モード(プログラム)数

フットフィット2はプログラムが2つ
最新モデルは2つのプログラムから選べます。

フットフィット2になって、トレーニングプログラムと、ウォーキングプログラムの2種類から選べるようになりました。

トレーニングプログラムはこれまで通り、効率よく計算された23分間のトレーニングが行えます。

ウォーキングプログラムは、まるで歩いているかのような体感が得られる20分間のトレーニングとなっています。

ウォーキングプログラムを体験
実際に私もフットフィット2のウォーキングプログラムを体験しました。
トレーニングプログラムと比べて左右交互にEMSの刺激が来て、実際に歩いている時のような負荷がかかります。
左右細かく刺激が来るので、メリハリがある感じです。

靴下を履いていても結構刺激が強く、EMSの強さはレベル11~13ぐらいで十分でした。
こちらのシックスパッド フットフィット2をレビューされている方も、「ウォーキングモードは歩いているかのような感覚」と感想を話していました。
ポイント
フットフィット2になって「ウォーキングプログラム」が追加されました。

リモコン

フットフィット2のリモコン
シックスパッド フットフィット2のリモコン
フットフィット2のリモコン
リモコンで電源オンオフ、メニューでモード切替、上下でEMSレベル強弱、一時停止の操作ができます。

フットフィット2になって、リモコン操作が可能になりました。

これにより、電源のオンオフやレベル調節、一時停止などがとても簡単に行なえます。

リモコンに使うコイン(ボタン)電池は「CR2025」を使用します。

Amazonなら5個で380円で売っていますね。(調査時点)

ポイント
フットフィット2はリモコンで操作が可能。
実際に使ってみましたが、リモコンがあると本当に操作は楽です。

モニター比較

フットフィットのモニター
シックスパッド フットフィットのモニター
フットフィット2のモニター
シックスパッド フットフィット2のモニター

フットフィット2になって、モニターの情報量が増えました。

残電池サイン、残時間表示、一時停止、メニュー表示が増えています。

旧モデルの口コミでも「トレーニングの残り時間がわかりにくい」という声が比較的多かったので、これでかなり分かりやすくなった印象です。

モニター
フットフィット2はレベル変更時以外は基本的に残り時間が表示されます。
ポイント
フットフィット2はモニターの情報量が増えて分かりやすくなりました。

ジェルシート

どちらもジェルシートは不要です。

裸足でそのまま使用できます。

ちなみに私は靴下を履いた状態で使いましたが、それでもEMS刺激はしっかり来ました。

ポイント
フットフィット、フットフィット2、どちらもジェルシートは不要で裸足で使用可能です。

ロッキング構造

ロッキング構造
ロッキング構造

どちらもロッキング構造になっていて、足の動きに合わせて本体が前後に追従して傾く構造になっています。

裏側の内臓の開閉式スタンドを使うことで、傾く機能をオフにすることもできます。

フットフィット2の裏側
フットフィット2の裏側はこんな感じ。
スタンドを上げる
スタンドを上げると傾きをなくすことができます。
ポイント
どちらもロッキング構造があり、オンオフも可能です。

効果部位

効果部位
効果部位

効果部位は新旧どちらも同じで、足裏、前スネ、ふくらはぎのトレーニングが行えます。

どれも歩行をする時に使う筋肉で、特にふくらはぎは「第二の心臓」と言われるほど重要な筋肉です。

ポイント
どちらも効果部位は同じとなっています。

スマホアプリ

アプリ
2がSIXPAD 公式アプリ非対応の理由について。

フットフィット2は、SIXPAD 公式アプリには対応していません。

ただ、スマホアプリが使えなくてもリモコン操作が可能ですし、残り時間はわかるようになっていますので、特に問題はありませんね。

また、SIXPAD 公式アプリはグーグルプレイとApple Storeを見てもらえればわかりますが、非常に評判が悪く、どちらも★1点台です。

こういった使い勝手・評判の悪さから廃止にしたのかなと想像します。

ポイント
フットフィット2は公式アプリ非対応ですが、リモコン操作が可能で残り時間もモニターで分かります。

【口コミ197件】フットフィット2のリアルな評判(良い・悪い点)

フットフィット2
フットフィット2の口コミから判明したメリット・デメリット。

フットフィット2のネットの口コミ・星評価を全て調べました。

※あくまで調査時点の口コミ・評価です。最新情報はリンク先からご確認下さい。

口コミは全て合わせて197件あり、星評価平均は4.57点でした。

それではこの中からメリット・デメリットを包み隠さずピックアップしていきます。

低評価の声「スッキリしない」「やりすぎ注意」「乾燥していると刺激弱い」

  • 「店頭などで試すべし。あまりスッキリしない運動量でした」
  • 「刺激が強いと副作用が起きるので、低いレベルでしかやらないことにしている」
  • 「足の裏がパサパサだとあまり刺激がない」
  • 「(乾燥している場合)事前に濡らす必要があるのが手間」
  • 「ふくらはぎだけでなく、下半身やお腹周りまで出来ればさらに良かった」
  • 「強さが好みで調整できるのが良いのですが、リモコンで毎回カウントアップしなくてはならないのでその点が少し不便」
  • 「スタートの方法、スタートした事が分かりにくい点は改良して欲しい」

「足裏が乾燥していると効果を感じにくい」という気になる口コミがありますね。

ポイント
この商品は「歩行を支える筋肉」を効率的に鍛えるマシンですので、それ以外の目的で使う場合はやや期待はずれになる可能性もあります。

高評価の声「足の筋力と血流が改善」「前より歩ける」「リモコン便利」

ユーチューバーの方のフットフィット2のレビュー。
「ふくらはぎと前の筋肉が動いてる。めっちゃキテる。汗ヤバい。筋トレしてる感がすごい」などと運動効果を話していました。

効果

  • 「(50代)足裏が痛くならなくなった!ふくらはぎは気持ち良いマッサージです」
  • 「1週間使用した頃に、足指に力が入ってるのを感じました」
  • 「自分にとっては、1日目から血流の劇的な改善が起こっていることは明らかで、脚のだるさとむくみがおさまっている」
  • 「いつも足の痺れが辛かったのですが、血行が良くなるのか、緩和されたような気がします」
  • 「階段を下りるのが苦手だったのですが、2ヶ月ほどの使用で少しだけマシになった」
  • 「91歳の母にプレゼント。半年たちましたが、家の中ですが前よりしっかり歩いています」
  • 「20分位の時間ですが毎日継続して使っていくと膝から下の筋肉がついているような気がします」

使用感・総評

  • 「以前のものよりパワーが感じられて良い感じです。普段運動をしない方におすすめです」
  • 「普段運動しない中高年や足の悪い高齢者にはリハビリ感覚で良いと思います」
  • 「トレーニング操作は、2種類と強さだけなので操作が簡単!高齢者に使用するので、レベルは3~5で毎日使っています」
  • 「テレビを見ながら簡単にトレーニングできる。これなら続けられそう。」
  • 「リモコンがあり便利」
  • 「機械が苦手な父ですが、操作が簡単ですぐに使いこなしていました」
  • 「パッドの交換がなく、電池だけでいいのでコスパもいいと思います」

全体的に「足の筋力UPや血流改善にかなり効いている」という口コミが多い印象です。

また、リモコン操作で便利になった点も評価されています。

ポイント
ユーチューバーのレビューでは「じんわりと汗をかく」「かなりのEMS刺激で筋肉にめっちゃ効く」「これはヤバい。29歳だけどやったほうが良い」などと絶賛していました。

【個人的口コミ】実際に使ってみた私の感想

フットフィット2を実際に体験
フットフィット2を実際に体験しましたが、靴下を履いていてもEMS刺激がふくらはぎあたりにビクビクとしっかり来ます。
レベルは13前後で十分といった感じでした。
EMSはすぐストップ
ちなみに片足でも外すと「足跡マーク」が表示されて、EMSはすぐストップしますので安全です。

低評価口コミに「スタートした事が分かりにくい」とありましたが、確かに両足が乗った時点で自動でスタートしますので、便利な反面ちょっと分かりにくいかも知れません。

他にも低評価で「乾燥しているとあまり刺激がない」という声がありましたが、私の場合は靴下を履いた状態でもしっかりEMS刺激を感じました

レベルは10を超えてくると「結構強い…」と感じるほどで、独特の刺激が足首からふくらはぎ奥まで届いてきて、しっかり中の筋肉が動かされている感覚になります。

あとリモコンは操作しやすく、とても便利だと思いました。

フットフィット(旧モデル)の口コミ・評判

フットフィットを体験した感想
フットフィットのほうはトレーニングモード1つだけです。
リモコンがないのと、ディスプレイに残り時間表示が出ないのは少し不便かなと思いましたが、それ以外は遜色ない印象です。

旧モデル版の口コミに関しては以下の記事で詳しくまとめてありますので、参考にどうぞ。

【Amazon・楽天・ヤフー】どこが一番オトク?最安値比較

最安値比較
シックスパッド フットフィットの最安値比較。

通常価格はフットフィット2になって、通常価格は1,520円ほど値上がりして42,000円となっています。

とはいえ、リモコンが付属して使い勝手が良くなり、性能面でもアップしていますので、ある程度の値上がりは仕方ないですね。

また、旧モデルと2のネット最安値を比較すると以下になります。

旧モデル
フットフィット
最新モデル
フットフィット2
TBS店在庫なし
最新価格
販売なし
アマゾン36,700円
最新価格
40,300円
最新価格
楽天35,600円
最新価格
39,000円
最新価格
ヤフー39,041円
最新価格
38,300円
最新価格

※あくまで2022年1月調査時点の最安値です。最新価格はリンク先からご確認下さい。

フットフィット(旧モデル)の最安値は楽天でした。

また、楽天とヤフーショッピングならポイント還元も多く付与されるため、ダブルでオトクです。

ただし人気商品のため今後価格が大きく変動する場合がありますので、在庫があるうちに早めの購入をオススメします。

一方でフットフィット2の最安値はヤフーショッピングでした。

最新モデルを安く買いたいならヤフーショッピングがオススメと言えますね。

あとは楽天も人によってはポイント還元が10倍以上ついたりするので、ヤフーよりも実質的にオトクに買える場合もあります。

【違いは何?】フットフィットvsフットフィット2 比較まとめ

比較・違いまとめ
旧モデルと最新モデルの比較・違いまとめ。

シックスパッド フットフィット2になって主に変わった事(違い)まとめ。

  • 電池の持ちが良くなり、使用回数が増えた。(60回→最大100回)
  • EMSレベルが増えた。(20→25)
  • モード数が増えた。(トレーニングとウォーキング)
  • リモコンが付いた。
  • 一時停止ができるようになった。
  • トレーニングの残り時間がわかりやすくなった。
  • スマホアプリには対応しなくなった。
  • 通常価格が少し上がった。
最新モデルの変化ポイント
使用回数の増加、モード数増加、リモコン付属、残り時間表示、一時停止可能、この辺が特に大きな変化ですね。
こういった部分が特に気にならないのであれば、価格が下がってコスパが良くなっている旧モデルをあえて買うのもアリかと思います。

というわけで、旧モデルの「SIXPADフットフィット」と最新モデルの「SIXPADフットフィット2」の詳しい違い・比較まとめでした。

少しでもフットフィット購入の参考になれば幸いです。

それでは!