アイリスオーヤマ 人気高圧洗浄機 口コミ比較:充電式とタンク式どっちがオススメ?

2021年11月12日

アイリスオーヤマ 人気高圧洗浄機
アイリスオーヤマの人気高圧洗浄機。充電式とタンク式の違い・口コミ比較。どっちがオススメ?

このブログでは、アイリスオーヤマで人気NO.1の「充電式ハンディウォッシャー JHW-201」と、NO.2の「タンク式高圧洗浄機 SBT-512N」の違いや口コミを詳しく比較してまとめました。

どちらの高圧洗浄機を買おうか迷っている方は参考にしてみて下さい。

※(人気1位)充電式ハンディウォッシャー↓

※(人気2位)タンク式高圧洗浄機↓

【比較】アイリスオーヤマ 高圧洗浄機 充電式とタンク式の違い

※2つの高圧洗浄機の細かな違いを表で比較してみました↓

充電式ハンディウォッシャー
JHW-201
タンク式高圧洗浄機
SBT-512N
サイズ
cm
長さ88.4
幅8.2
高さ24.3
(ガン本体)
40.5×31×52.5
(商品サイズ)
重さ約1.8kg
(ガン本体)
7kg
(商品重量)
吐出圧力2.2MPa6.5MPa(常用)
8.5MPa(最大)
吐出水量約108L/h
※1.8L/min
約220L/h
約280L/h(最大)
水流種類3種類
直噴
シャワー
拡散
2種類
高圧
低圧
連続使用弱:約15分
強:約40分
約1時間
タンク量なし約23L
運転音記載なし71.5デシベル
(水圧MAX)
最大温度40度まで50度まで
中性洗剤記載なし使える
アマゾン
口コミ※
口コミ196件口コミ952件
アマゾン
星評価※
★3.40点★4.00点
通常価格※
(税抜)
16,800円16,200円

※価格や口コミ数・評価は今後変動する場合があります。

サイズ・重量について

充電式ハンディウォッシャー
充電式ハンディウォッシャー ホワイト JHW-201
タンク式高圧洗浄機
タンク式高圧洗浄機

サイズに関しては「充電式ハンディウォッシャー」のほうがかさばらず、コンパクトと言えますね。

軽いので、アウトドアなど、どこでも使いやすいのが魅力と言えます。

吐出圧力・水流パターンについて

充電式ハンディウォッシャー ホワイト JHW-201の吐き出し圧力動画。
タンク式高圧洗浄機SBT-512Nの水圧。

吐出圧力に関しては、「タンク式高圧洗浄機」のほうが約3~4倍パワーがあります。

ガンコな汚れを落としたい場合は、タンク式のほうがオススメと言えますね。

水流パターンに関しては、「充電式ハンディウォッシャー」は直噴・拡散・シャワーの3種類があり、色々な汚れに合わせて使うことができます。

連続使用時間について

充電式ハンディウォッシャー
充電式ハンディウォッシャーの連続使用時間。
タンク式高圧洗浄機
タンク式高圧洗浄機の使い方・連続使用時間。

「充電式ハンディウォッシャー」の連続使用時間は、弱で40分、強で15分となっています。

充電時間は約70分です。

長時間使う場合はちょっと物足りない可能性があります。

一方で「タンク式高圧洗浄機」の連続使用時間は約1時間(タンク1杯あたり約7分)となっています。

2WAYの使い方ができ、水道ホースと直結すれば長時間使用可能です。

運転音について

タンク式高圧洗浄機
タンク式高圧洗浄機SBT-512Nの運転音について。

運転音について、「タンク式高圧洗浄機」は水圧MAXで71.5デシベルとなっています。

これは掃除機の音や、窓を締めた電車の車内程度の音の大きさとのこと。

静音タイプとは言え、それなりに運転音は聞こえるので注意です。

※「充電式ハンディウォッシャー」については、運転音の記載がありませんでした。

最大使用温度(温水)について

充電式ハンディウォッシャー
充電式ハンディウォッシャーの最大水温について
タンク式高圧洗浄機
タンク式高圧洗浄機の最大水温について

最大水温は、充電式ハンディウォッシャーが40度まで。

タンク式高圧洗浄機は50度までとなっています。

より高い水温でガンコな汚れを落としたい場合は、タンク式高圧洗浄機のほうがオススメと言えます。

Amazon口コミ・星評価について

口コミ
口コミ数の多かったAmazonで評判・評価を調査。

充電式ハンディウォッシャーの口コミ・評価

充電式ハンディウォッシャー
(Amazon評判)充電式ハンディウォッシャーJHW-201の魅力&デメリットについて。

充電式ハンディウォッシャーは、口コミ数200件弱で、星評価は3.40点でした。

主な低評価の声・デメリット↓

  • 圧力が劣る。(パワー不足)
  • うっすら着いたような汚れは落ちますが、べったりついたものは、かなり時間がかかります。
  • 連続使用時間が短い。
  • トリガー握りっぱなしが疲れる。
  • バッテリーが重い。
  • 星を落とした理由は「音」です。弱いくせに思ったより音が大きいです。
  • 本機ノズルまでの水を吸い上げる時の音は結構うるさい。

主な高評価の声・メリット↓

  • 軽い。抜群の携帯性。
  • 手軽に作業できる。
  • 水道・電気設備のない所で使える。
  • 窓及び網戸掃除は圧力がほどよくきれいになりました。
  • 網戸やサッシのレールの掃除、車のホイール洗浄で、この範囲なら満足です。
  • ベランダの黒ずみ汚れなど、落ちにくい汚れもありますが、念入りにやればちゃんと落ちます。
  • 使いやすさや、機動性は大型の物に比べ格段の利があります。

【Amazon】アイリスオーヤマ 充電式ハンディウォッシャーの最新口コミを見る

タンク式高圧洗浄機(SBT-512N)の口コミ・評価

タンク式高圧洗浄機
(Amazon評判)タンク式高圧洗浄機SBT-512Nの魅力&デメリットについて。

タンク式高圧洗浄機は、口コミ数950件以上で、星評価は4.00点でした。

主な低評価の声・デメリット↓

  • 静音の割には音が大きい。
  • 音はそれなりにするので、早朝・夜間・マンション等では少し厳しいかと思います。
  • 高圧ホースが硬い。
  • タンクの容量はあまりない。(減りが早い)
  • 長い時間使用するにはかなりの回数の給水が必要です。
  • 難をいうならタンクの蓋の密着性が低く、持ち運び中に揺れると水がこぼれます。
  • 全体的にキャシャで長年使用可能か心配です。

主な高評価の声・メリット↓

  • 組み立てから使用するまでがとても簡単で良いと思いました。
  • 2通りの使い方ができ、水道が近くに無くても使えるのが便利。
  • ケルヒャーなどの高圧洗浄機と比べて音が静か。
  • ケルヒャーとかよりお手頃価格だし、コスパは悪くないと思います。
  • この価格にしては洗浄力がある。
  • 温水が使える為かベランダの汚れがよく落ちました!
  • 年に1.2度ベランダや玄関まわり、窓、外壁を洗うだけなら充分な機能と使いやすさでした。
  • 10年ほど放置していた玄関回りや車庫の床面が見違えるほど綺麗になりました。
  • コンパクトで収納しやすい。

【Amazon】アイリスオーヤマ タンク式高圧洗浄機の最新口コミを見る

価格について

価格についてはどちらも16,000円台(セット含む)で、高圧洗浄機の中ではかなりリーズナブルな部類と言えますね。

どっちがオススメ?比較まとめ

タンク式高圧洗浄機と充電式ハンディウォッシャー
アイリスオーヤマ 充電式ハンディウォッシャーとタンク式高圧洗浄機の比較まとめ

改めて2つを比較して端的にまとめると以下になります↓

・充電式ハンディウォッシャー(JHW-201)は、携帯性、手軽さが最大の魅力で、本格的な洗浄向きではない。

・タンク式高圧洗浄機(SBT-512N)は、水道とタンクの2WAYで使えるのが便利で、リーズナブルな価格の割に洗浄力も高め。ただし、静音の割に運転音が大きいとの声が多い。

こんな感じですね。

どちらも1万円台とかなりコスパの良い商品なので、メインというより、サブとして持っておくのも良いかも知れないですね。

というわけで、アイリスオーヤマの人気高圧洗浄機の比較・口コミまとめでした。

それでは!

※(人気1位)充電式ハンディウォッシャー↓

※(人気2位)タンク式高圧洗浄機↓